大学院 博士課程について 

大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻には、栄養科学、食事科学、食品科学、食環境安全性学、健康科学の5つの専門種目からなる食保健学科目群があり、食・栄養・健康に関する基礎および先端的な研究をしています。食品(成分)の生体における新しい機能、代謝や健康への影響、物理的特性、安全性評価、集団の栄養学的研究など深く研究したい方は是非、大学院で共に研究しましょう。

 

本学では学部(4年間)を卒業した上に高度な研究を志す学生のために、大学院博士前期課程(2年間)と、さらにより深い学識、高度な理論および実践的研究能力を持つ研究者や専門的指導者の養成を目的とした博士後期課程(3年間)が設けられています。
 

博士前期課程では、院生は自分が選んだ専門種目の研究室に所属して、各自の研究テーマで修士論文を作成します。授業は少人数のゼミ形式で行われ、研究成果は学会発表や論文として専門誌に発表することもあります。
 

博士後期課程では、院生は指導教員のもとで自分の研究活動をさらに発展させ、研究成果を専門誌に論文として発表するとともに博士論文をまとめます。 

主な就職先 

​東京大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院、愛媛大学医学部附属病院、和歌山県立医科大学附属病院、京都市教育委員会(栄養教諭)、京都府教育委員会(栄養教諭)、京都府立大学、武庫川女子大学、京都華頂大学、龍谷大学、大阪樟蔭女子大学、京都栄養医療専門学校、奥野製薬工業、アサヒグループ食品、ファーマフーズ、シミックファーマサイエンス、森下仁丹、食品環境検査協会、虎屋、ロック・フィールド、JA西日本くみあい飼料

​クリックすると、大学院食保健学科目群のポスターがご覧いただけます

学位・資格

本研究科で定められた授業科目を履修することで以下の学位や免許を得ることができます。

  • 修士(学術)/ 博士(学術)

  • ​栄養教諭専修免許

京都府立大学生命環境学部食保健学科/京都府立大学大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻食保健学科目群

Department of Food Sciences and Nutritional Health, Kyoto Prefecutural University, Shimogamo, Kyoto, Japan

​All Rights Reserved.