食保健学科の特徴
1/3
5つの研究室が連携する教育・研究体制

「食」と「健康」の関わりを多面的・総合的に考えることができるよう、栄養学・食事学・食品科学・食品安全性学・健康科学の5つの分野が相互に連携し、多彩な専門教育と高度な研究体制を構築しています。

1/3
充実した実践現場での専門教育

座学で学んだ多彩な専門知識や技術を統合する場として、様々な実践現場での臨地・校外実習を実施しています。京都府内保健所、京都府立医科大学附属病院や地域との連携のもと、食と健康のプロフェッショナルとして具備すべき知識や技能を修得できます。

1/3
少人数制による高度な研究指導

教員による全面的なバックアップのもと、専門分野における専攻科目実験・科目演習に力を入れており、卒業研究を重視しています。公開で研究発表会を行うなど厳しく指導を行い、課題の発見・解決能力を有する食と健康のプロフェッショナルとして社会に貢献できる人材を育成します。

1/3
「食」に関する多彩な進路が選択できる

本学科は管理栄養士養成課程として認可を受けています。そして栄養教諭免許の取得、さらに食品衛生管理者や食品衛生監視員の資格取得が可能です。これらの資格を活かすことで進路の選択枠が広がり、様々な「食」の分野で活躍できます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1〜2年次には教養と汎用的技能を育成するための教養教育科目と専門的職業人として多面的・総合的に食を考える能力を育成するための基礎となる科目、3年次には多様な専門教育科目を提供します。

また4年次には食と健康に関する課題の発見・解決能力を育成するために、卒業研究として専攻科目実験および演習を提供します。

PC版では授業や実験・実習のギャラリーが掲載されています。

カリキュラムツリー202211.png

クリックすると拡大します

学位・資格

本学科で定められた授業科目を履修し単位を取得すると次の学位ならびに各種資格等が得られます。

  • 学士(食保健学)

  • 栄養教諭一種免許

  • 食品衛生管理者および食品衛生監視員資格

  • 栄養士免許

  • 管理栄養士国家試験受験資格

​管理栄養士国家試験 合格率(新卒者)

​第36回(2022年)合格率 100%

第35回(2021年)合格率 96%

第34回(2020年)合格率 100%

第33回(2019年)合格率 100%

第34回(2018年)合格率 100%

​第33回(2017年)合格率 96%

卒業生の主な進路・就職状況

進路イメージ

大学院への進学、

管理栄養士、栄養士、栄養教諭、食品衛生管理者、食品衛生監視員として、医療機関、福祉施設、官公庁、教育機関(大学・高校・中学校・小学校・保育所)、食品・薬品メーカー、試験・研究機関などへの就職

主な進学先(平成30年度〜令和3年度)

京都府立大学大学院、京都府立医科大学大学院、京都大学大学院、大阪市立大学大学院、東京大学大学院、大阪大学大学院、新潟大学大学院 など

主な就職先(平成30年度〜令和3年度)

民間企業

宇治徳洲会病院、蘇生会総合病院、京都大原記念病院グループ、(社医)董仙会、東浦平成病院、京都社会福祉協会(保育園等)、宇治福祉園(保育園等)、栗隈福祉会(保育園等)、伊藤ハム、エームサービス、オタフクソース、オイシス、くらこんホールディングス、神戸屋、サンドラッグ、敷島製パン、スターバックスコーヒージャパン、セントラルフルーツ、創味ホールディングス、タイガー魔法瓶、大東カカオ、タニタ、鶴屋吉信、日本ハム、ハチ食品、阪神調剤ホールディング、美十、日立グローバルライフソリューションズ、フジパン、丸大食品、モランボン、山崎製パン、ロイヤルホールディングス、ロッテ など

公務員

東京都(衛生監視・管理栄養士)、島根県(管理栄養士)、氷見市(管理栄養士)、由布市(管理栄養士)、大口町 など

教員

京都府教育委員会(栄養教諭)、京都市教育委員会(栄養教諭)、兵庫県教育委員会(家庭科) など

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

食保健学科では「食」と「健康」を取り巻く要因を総合的に捉え、それについての知識を学び、その知識を生かして社会に貢献したい学生を求めます。

​入学前に身につけているべき知識および能力
  1. ​高等学校等で修得する諸教科についての十分な基礎学力を身につけている

  2. 理科(化学と生物を履修していることが望ましい)についての十分な学力

  3. 基本的なコミュニケーション能力

  4. 自分の考えを的確に伝えるための表現力

  5. 食や健康分野に対する興味関心と、この分野を生涯にわたって学ぶ態度

  6. 課題の発見・解決への貢献と知識探究への意欲

  7. ​多様な状況下で、相手の立場や多様性を尊重できる協働性